賃貸物件を見学する時のポイント
賃貸物件を見学する時のポイント

賃貸物件の見学の際にチェックする事。

賃貸の物件の拝見の際には、建物の雰囲気や大切な生活スペースのお部屋、これらをざっくり見るのは簡単で当たり前の事です。物件の見栄えや雰囲気だけを見るのではなくお部屋の見えない部分、見えにくい部分こそチェックして確認おく必要があると思います。

後々のトラブルを防ぐ為にも物件の見学の際にはチェック項目が大切になってきます。基本的な事としてはドアの鍵や窓、サッシ、水周りは要チェックです。流し台や畳、お風呂場、キッチントイレなど気になる事はどんどん不動産の方にこまかく聞いておきましょう。

はじめに不動産の方に聞いておく事で修繕状況や後々の自己責任となる事を防げる事になります。どんな事でもそうだと思うのですが、チェック時にははじめが肝心だと思います。見えにくい場所は、特に要チェックとされているので、押入、収納スペースの中までしっかりと見てみたり少し水を流させてもらっていいか。など実際に手に触れる事も重要です。見るだけではわからない事も沢山あります。触らずに入居してすぐこのドアの扉がはずれた。なんて事になると実費で修理をする可能性もありますので、見学の際には徹底的に時間をかけてチェックする事がとても大切です。

そのほかの記事

オススメのサイト