賃貸物件を見学する時のポイント
賃貸物件を見学する時のポイント

物件下見の際は写真や計ったりして賃貸物件探す

賃貸物件探しで気に入った物件が見つかったとしても、置きたい家具などや大きさなど気になる場合があります。もし気に入って契約をしたいと思った物件などは、図面だけではわからない部分もありますので、メジャーなどを持って行って計っておくのもおすすめです。特に引越しの際などは、玄関からいろんなものを搬入します。その際に家具などが入らなかったりする場合もありますので、しっかりと計っておかないといけないです。また洗濯機なども測っておかないと入らない場合もあるのでその部分も注意して必要な場所はまずは計ってメモして置くことが大事です。

そしていろいろな物件を見比べてると、後でどの物件が気に入ったのかや、どの物件にどんな設備が備わってたのかなど、記憶だけではあいまいな場合もあります。そんなときは、写真をとっておくこともおすすめです。写真を撮ることによって後で思い出すときの参考にもなりますし、後で確認するときにも役にたちます。カメラでは何か撮りにくいという場合は携帯のカメラでもかまいません。自分であとで見たら解るようにしておくことが大事です。そして周辺の写真も気になるところがあった場合は撮っておくことがおすすめです。

そのほかの記事