賃貸物件を見学する時のポイント
賃貸物件を見学する時のポイント

購入でも賃貸でも、家を探すにあたって気をつけたいこと。

購入にせよ、賃貸にせよ、家を探す際、何に重点をおき見ているでしょうか?間取り、収納、交通の便、駅からの距離などなど注目する点は人それぞれだと思います。私はまず、駅からの距離と街灯の有無、夜間の人通り、歩きやすさ、そして近隣に病院やスーパーがあるかを注目しました。どんなに駅からの距離が近くても、夜間暗く人通りがなければ、女性が1人で歩くのはとても危険です。また歩道と車道がきちんと分かれているか、道は歩きやすいか、都会であれば当たり前と思うかもしれませんが、都内でも意外と大きなバスがすぐ横を走るのにガードレールがなかったりと危険な道は多く存在します。買い物袋を抱えて歩いても歩きやすく安全であるかを考えました。

次に、建物の外見。私はマンションしか見に行っていませんが、自分の部屋だけでなくエントランスは明るいか、自転車置き場は整理されているかなど注目しました。エントランスや廊下の明るさや綺麗さ、自転車置き場の整備は、そのマンションの管理体制を知るものだと思います。しっかりと管理会社が入っているマンションは、エントランスや廊下も綺麗で自転車もきちんと並んで停められていました。反対に、管理会社が入っていない、もしくは管理費が安いところはエントランス前に自転車が乱雑に停められていたり、廊下の電気が切れかかっていたりしました。

部屋は間取りだけでなく、昼どれだけ太陽の陽が部屋に入るか、外の騒音に注目しました。これから毎日過ごす部屋です。太陽の陽が入らない暗いところでは自分自身の気分まで暗くなってしまいます。収納や駅からの距離、もちろん家賃も自分のこだわりは多々あるかと思いますが、部屋だけでなく自分がこれから住む街全体とマンションやアパートの外見も注意して見ることが物件の見学の際には必要なことだと思います。

そのほかの記事