賃貸物件を見学する時のポイント
賃貸物件を見学する時のポイント

賃貸の見学に遠慮は必要ありません

賃貸を借りる前に見学に行くという人がいると思います。その際には絶対に遠慮をしてはいけないでしょう。本気で借りるならば、営業員の人を気にせずに、重点的にチェックをするべきです。ちゃんと部屋が使えそうかということで実際に動かしてみるのも良いでしょう。たまにエアコンが最初から故障しているというところもありますので、動かさないことには始まりません。ちゃんと動くかどうかは重要で、いきなり修理するから待ってくれと言われることもあります。そうなると入居してすぐに嫌な思いをしないといけない場合もあり、がっかりする形になるかもしれません。

そういうことを避けるためには、必ず見学で隅々まで調べることが必要です。まるでその物件を購入するような目でチェックすることが大切だと言えます。遠慮がちな人は、表面的なところだけ見て大丈夫そうだからという感じで契約をしてしまいます。それは見学をしている意味がないと言えますし、後で揉める原因にもなりかねません。一番悪いことは契約をしてから、後で抗議をすることです。悪質な場合は契約を覆すこともできるとは思いますが、それ自体が無駄な労力です。それならば最初から、駄目な賃貸を借りなければ良いと思います。

そのほかの記事

オススメのサイト