賃貸物件を見学する時のポイント
賃貸物件を見学する時のポイント

賃貸物件の見学の際の注意点

不動産屋でいくつかの賃貸物件候補があがってきたら、実際の物件を見学しにいくと思います。どのような物件に出会えるのか楽しみな瞬間でもありますよね。しかし、単純に見学するだけではなく、ここで注意すべき点があります。新築賃貸物件に関しては特に注意すべき点はありませんが、中古賃貸物件に関しては年数が経っている分、物件が劣化していることを念頭に置いて見学しなくてはなりません。クリーニングや修繕をしてあったとしても、業者さんによって差が出てきます。例えば、壁紙の糊のはみだしや剥がれ、エアコンや換気扇内の汚れ、床の破損などです。

開けられる扉は全て開けるなど、自分が見れる範囲でくまなく確認することが必要です。また、気になった部分は写真を撮ったり、状態をメモ書きして残し、契約する前の段階で不動産屋に確認および修繕の依頼をするといいでしょう。そういったものを見落とすと、退出する際に自分の責任にさせられる可能性があります。

契約後、入居してからでは大掛かりな修繕などは取り合ってくれないことが多いです。実際に私も入居前に不動産屋とやり取りしてクリーニングと修繕をやり直してもらった経験があります。自分がその賃貸物件で快適に暮らして行く為には、物件の見学は気楽に考えるものではなく、大変重要なイベントになります。

そのほかの記事

オススメのサイト