賃貸物件を見学する時のポイント
賃貸物件を見学する時のポイント

賃貸契約をする前にきちんとした下見をしよう。

賃貸物件を契約する際には、さまざまなことに注意を払わなければいけません。まず、人間の記憶はあいまいなので、カメラや筆記用具などを準備しましょう。そして下見にいく場合は、明るいうちに見学するようにしましょう。暗くなってからになると、日当たりなどは確認することが出来ません。また窓のある方位を確認しましょう。窓を開けて、風通しなどもチェックすることも大切です。

次に音の響き具合などを確認しましょう。実際に住み始めてトラブルになりやすいのが音漏れです。上下左右の物件も確認できるなら、携帯を鳴らしてみるとか壁を叩いてみたりして、どの程度の防音性があるか確認することが大切です。隣の音が気になるような物件なら、のちのちの事も考えて避けるべきです。

下見をする際に、防犯面もきちんとチェックしましょう。鍵などの他にもチェックできるところは沢山あります。1階ならどの程度の高さなのか、2回以上ならベランダの柵の高さ、小さい子供がいる場合は、ベランダに登って落ちたりするものがないかもチェックしましょう。何件も見学していると、記憶があいまいになったり、見落とすケースも出てくると思います。あらかじめ自分でチェックリストなどを作り、きちんと確認することが重要です。

そのほかの記事

オススメのサイト