賃貸物件を見学する時のポイント
賃貸物件を見学する時のポイント

賃貸を見学するなら細かな部分を見逃さないようにする

賃貸を選ぶときに見学をしなさいとよく情報誌などに書かれていますが、今となっては見学は必須と言っても過言ではないような行いとなっています。少し前までは見学をする人は半数くらいで住んでから問題があったり不満に感じる箇所を発見してしまうということがありました。それだけでなく写真と実際の部屋が全く違うということも稀にあり、見学をしたほうがいいと色々な情報媒体から呼びかけられたりしたものです。しかし見学したほうがいいからという情報から形式だけの見学をしても意味がないので見学する際にやるべきことを書いていきます。

賃貸は新築の物件でない限り前に人が住んでいるので部屋の状態がどうなっているかはその部屋次第ということになります。もちろん部屋は清掃したり出来る限り修復していますが、どうしても細かな部分を忘れがちになってしまいます。見学するときに写真でも見れる箇所であったり大まかな箇所だけを見て納得してしまうケースが非常に増えています。部屋に行ったからには遠慮をしないで事細かな部分を確認するべきだと私は思います。特に水周りなどなかなか確認しないような箇所から確認するといいかと思います。賃貸は進化して快適な物になりましたが、だからといって自分が借りる部屋が全てそうでは限りらないので注意してください。

そのほかの記事

オススメのサイト