賃貸物件を見学する時のポイント
賃貸物件を見学する時のポイント

賃貸物件を見学する時の注意点

賃貸物件は契約する前に物件の特徴を良く確認しておく必要があります。まずは、見学前にインターネットで物件の写真や間取り、築年数といった基本情報を調べておきましょう。同じ物件の情報が複数の不動産サイトに記載されている場合もあります。写真が豊富なサイトや設備について詳しく明記してあるサイト等、それぞれ特徴が違うので複数のサイトを見て情報を得るのがお薦めです。

気になった物件が見つかったらいよいよ見学です。見学で一番大切な事は、自分が気になる事は全てチェックする事です。水回りが清潔か、床や壁に傷や汚れが無いかを良く確認します。また、丸い物を床に置いてみて部屋が傾いていないかを調べてみましょう。更に、隣人や建物全体の雰囲気と周辺環境もしっかりチェックします。少しでも疑問があれば、不動産業者に積極的に質問して下さい。もし時間に余裕がある場合は、朝と夜の二回に分けて見学に来ると良いと思います。同じ部屋でも時間帯によって日当たりや隣家の生活音が大きく違う場合があるからです。夜の見学に来た場合は建物周辺の人通りや帰宅する道に街灯があるかを調べて下さい。特に女性は夜の見学をお薦めします。

見学後、その物件に納得したら賃貸契約を交わします。家は人間にとって休息の場所です。慎重にお気に入りの一軒を探してみましょう。

そのほかの記事

オススメのサイト