賃貸物件を見学する時のポイント
賃貸物件を見学する時のポイント

賃貸物件見学の際に気を付ける点

賃貸物件の見学するときは、ビー玉、方位磁石の用意をおすすめします。目では見えにくい重要なことがわかります。まずはビー玉の使いかと説明します。ビー玉は丸く転がりやすいです。部屋に入った時に数か所にビー玉をおいてください。ここで重要なことはビー玉が転がらないことです。建物は新築の場合傾きはありません。しかし年数が経つと次第に老朽化します。そこでビー玉で傾かがないか調べます。傾きはわかりにくいものです。ビー玉が転がらなければ傾きはありません。傾きは生活していく上で重要なものです。傾いた部屋で生活をすると傾きを水平に保とうと体が無意識で反応します。これが知らないうちに出来上がる体の疲れに変わります。また、すべての扉は一度開くようにしましょう。歪みがあると扉の動きが硬くなっている場合もあります。

次に方位磁石です。賃貸は立地条件で仕方のない場合もありますが、方角は重要です。居間は南向きというのはよく知られていますが、問題は台所です。太陽は東から昇り西に沈みます。夕方の西の光は意外と強いものです。場合によっては食材が腐りやすくなる場合もあります。台所はできる限り西日の入らない場所をおすすめします。そのため方位磁石で台所、居間の配置をよく考える必要があります。

そのほかの記事

オススメのサイト